スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
感性を磨く旅 16-④ 【営業マン 世良】
2012 / 07 / 13 ( Fri )
この季節になるとほしくなりますよね・・・
なぜかサイズもこの飲み物だけコーラに続きBIGサイズになっている
不思議なジュース!
カルピスソーダ!
カルピスはそんなに好きではないのですが、ソーダが入っただけで
革命的な味に変身してしまいます。
缶の中にいけないものが入ってるんじゃないかと思うくらい私にとっ
ては、くせになってしまう味です。
販売機の3つ星バンザイ!


そんな3つ星の神髄をフランス旅行記の最終章をお送りさせて頂き
たいと思います。


hyousi






今回の旅の目的でもある、他業種のホスピタリティを学ぶと言う事。
その場を限られたフランスの地でどこにするか?
と言う事で我らの世界の先生、栃木の大塚さんのプロデュースにて
やはりパリで10店しかない”3つ星レストラン”にいくべし!
と掛け声にセレクトして頂きました。


まず3つ星の定義を確認しておきましょう!


ミシュランが1927年から格付番付を世界22か国で開始。
その評価の仕方が、

三つ星:そのために旅行する価値がある卓越した料理
二つ星:遠回りしてでも訪れる価値がある素晴らしい料理
一つ星:そのカテゴリーで特に美味しい料理


①素材の質
②調理技術の高さと味付けの完成度
③独創性
④コストパフォーマンス
⑤常に安定した料理全体の一貫性



料理を評価する星に対し、フォークとスプーンのマークでお店を5段階で評価

1.豪華で最高級
2.最上級の快適さ
3.非常に快適
4.快適
5.適度な快適さ

以上のような評価ポイントで格付けされます。
私たちがお邪魔させて頂いたのが、
ブリストルホテル内にあるエピキュールさんです。
(予約が必要です)



burisutoru


流石良いホテルです。









































原田さんと三好さんと大嶽さんです。

mati






















お店入口から貴賓あふれる雰囲気はとても感じが良いアプローチでした。

iriguti


























滝川さんとワインがこの旅で何回合うと思ったんでしょう!

kanpai






























フォアグラとトリュフのラザニア風味です。

asupara
























白身魚がこんな綺麗な姿になって出てきました。

sakana



























男8人でお上品に頂いてます。
焼酎がほしくなったのですが、流石に言い出せませんでした。

umai
























ワインも格別で、昼からどんどん行きすぎました。

wain





























そうしてると、メインがきました。
小杉さんも満足そうな面持ちです。
ennsyutu






























お肉も綺麗すぎでしょっ!

niku





























デザートまでたどりつけなかったです・・・

deza-to

deza-to




























請求額もサプライズでした・・・

okaikei




























中庭も手入れが行き届いていて素敵です。

niwa






















少し贅沢なのでは・・・
と思われた方もいらっしゃるかも知れませんが、この味以上に
私たちと共通するプロとしての大事なものを教えてくれたようなものにも
なりました。
味以外の演出やこのお店全体に流れる空気感みたいなものを含めて3つ星
たる由縁なんだと思います。
住宅営業も同じところもたくさんあると思います。

この感性を磨く旅シリーズを4部作にてお送りして参りましたが、
とても勉強になる事ばかりで感動する事が多かった旅になりました。
全国からの選ばれた優秀営業マンさん達と一緒に過ごせた事と、
色々なやり方で同じセキスイハイムの住まいを提供して来られてらっしゃる
訳で、たくさん良い話は聞けましたがどのお話しも”マネ”ができるもので
は無いな~と言うのが営業マン世良としての結論でした。
簡単にできないからプロフェッショナルなのだと思います。
私は、個性と基本を大事に細かい事に気づく感覚を大事にして、
常にお客様へ発見を発信できる存在に努力していきたいと思います。

どうぞこれからもご指導よろしくお願いいたします。




kanban






   吉島展示場    世良 隆博


スポンサーサイト

テーマ:住宅・不動産 - ジャンル:ライフ

01 : 54 : 17 | 営業担当 世良 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<初めまして | ホーム | いよいよ明日は・・・  【営業マン 林】>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://cloverblog816.blog21.fc2.com/tb.php/815-ef77ba3f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。