スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
リビング7変化【営業マン 大藤】
2010 / 05 / 08 ( Sat )
リビング7変化で便利&快適に

イン福山
歌舞伎で、7種の踊りを組み合わせ一人の踊り手が早変わりして

踊るのも「七変化」と言いますが、リビングにもぜひ「七変化」

を取り入れてみましょう。それはつまり、いろいろなシーンに

応じて変化した使い方にすること。リビング七変化は限られた

住宅スペースを有効に活かす知恵ともいえます。そのコツとは?

インテリア好きの私としては






七変化のポイントは照明の活用です。

リビングを昔の茶の間風に使うことが多い日本人。

その発想を現代のリビングルームの使いこなし方に

大いに活かしましょう。



そのポイントは「照明」

リビングに人が集まる機会が多いのは夜。夜のインテリアは照明がポイントです。

照明でいくつかのシーンをつくれるようにしてみましょう。

たとえば、ご飯を食べ終わるまでは、明るいお茶の間モード

食後は少し明るさを落として、リラックスモード。すると子供は自然と眠くなってきます。


お客様がいらした時は、カクテルモード。これはホテルのラウンジなどを真似て


リビングのテーブルの上だけにスポットライトを照らし、後は低いスタンドなどで

メリハリのある演出をするものです。暗いところが多少散らかっていても気にならなず、

日常生活からパッと雰囲気を切り替えられるメリットがあります。




隠れ技は、調光器

こうした照明の工夫を自在にできるのが、調光器です。


最近は最初に設定しておけば、リモコンスイッチ一つで簡単にいくつかのシーンの照明の

選択できるものもあります。


ちなみに調光器で調光をすると白熱電球が長持ちします。明るさを25%絞ると4倍

50%絞ると20倍、というデータもあります。

しかも25%絞ってもほとんどの人は暗くなったことに気がつきません。25%絞ると

電気代が20%ほど、安くなるようです。

また、調光器だけでなく、低い位置に置くスタンドや、流行のアロマキャンドルなども

上手に取り入れてみましょう。


ご飯を食べる時は明るい照明のもとでいただき、同じテーブルでお酒をいただく

時は照明を絞ってキャンドルを置くだけで大人っぽいロマンチックな雰囲気が演出できます。



私の家も調光器がリビングと寝室についてます。

とても重宝してます。ダウンライト落ち着きます。


新築されるときにはぜひ採用してほしいですね。

あの微妙な調節がいいのです。電気代も安い

最近LEDが増えてきてますんで、より照明のバリエーションが増えて楽しくなりますね。



イン福山







 





                                   








 クレスカーサマガジンより。






スポンサーサイト
19 : 36 : 48 | 営業担当 大藤 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<春日野『春の住宅祭』開催【釣りきち YMD】 | ホーム | 太陽が眩しい! 【営業マン 世良】>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://cloverblog816.blog21.fc2.com/tb.php/465-0910b3b3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。