ライカ  【営業マン 柿谷】
2007 / 12 / 23 ( Sun )
とりわけカメラが好きだったわけでなく・・

気付いたら手元にあった 「ライカ」

亡父の形見として手にした時から惹かれました。

研ぎ澄まされたボディはズシッと重たい鉄の塊。

しかし一度手にするとしっくりと馴染むそのカメラは

単なる道具ではなく長年の時間を経て形作られた

まさに美術工芸品。

絞り、シャッタースピードはもちろん手動。

カシャッ!一瞬を切りとる緊張とワクワクする感じ。

フイルムを巻き上げる感触も機械的で実にいい。

プラスチック部品を多用する今時のカメラと違い、金属部品を

使っているライカは一部の磨耗部品を交換または調整するだけで

半永久的に使えることを前提に設計・製造されているらしい。

使い捨てにはしないドイツの技術は実は環境にもやさしいんだな。


セキスイハイムの家づくりのこだわりによく似ていると思った。

ブログ写真 001 (5)


デジカメも便利でいいけど、たまにはライカのファインダー覗いてみよう。

スポンサーサイト

テーマ:マイホーム - ジャンル:ライフ

23 : 21 : 38 | 営業担当 柿谷 | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
<<大掃除をしました☆【HA 三次店】 | ホーム | 地鎮祭(春日野)H様【営業マン 世良】>>
コメント
--ライカ バンザイ--

やっぱりライカはいいですよね。
私も、高校のときは”カメラ小僧”で、今でいう”萌ちゃ~ん♪”状態でした。

マニアック???

大切に使って下さいね。
by: 釣りきち YMD * 2007/12/25 19:48 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://cloverblog816.blog21.fc2.com/tb.php/46-46b88e65
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |