お正月のマメ知識ー!    【アスタ展示場 永田】
2014 / 01 / 06 ( Mon )
みなさま、こんにちは

年末年始は引っ越しでバタバタした“永田”です




年末年始はどのようにお過ごしでしたでしょうか?

今年はが少ないですね


雪が降らないと、冬っという実感が少ないですが、

車やバスなどの交通に関しては、遅延が少なくうれしい限りです






さて、今日はお正月によく見かける飾り付けの“門松”についてご紹介したいと思います

なぜ“門松”なのか・・・
それは、お正月にはなぜ“門松”を玄関に飾るのだろう・・・?

と思ったからです


簡単に、沖縄のシーサーのように門に飾ると厄除けになるの?

なんて考えたりしましたが、

もっと奥深いものでした





“門松”は、依代(よりしろ)といわれ、そもそも

神様が宿る安息所、また、神様が下界に降りてくるときの目標物として考えられていたそうです



お正月は各、家々にそれぞれ神様がきてくれるんですね~

単なる、「お正月だよ」というお知らせの飾り物だと思っていたことが

恥ずかしいです・・・





と、いうことは


門松を出していないと、神様が来てくれないということですね

気持ちの問題かもしれませんが、

縁起ものにはあやかりたいものです・・・





そこで・・・ジャン

門松


実家から拝借です・・・笑


二つあったものの、片方をいただいてきました

逆にバチあたりなのでしょうか・・・


縁起ものらしく、

鶴


鶴つきです



“門松”を飾るのも正式な時期があるらしく、

年末の31日に飾るのを「一夜飾り」といってさける習慣があるそうです


年末の大掃除ついでに、

「あっ、門松出さなきゃっっ

とギリギリになって焦りがちなものですが、

それでは神様をお迎えする意識が足りないっということでダメなようです



また、29日に立てるのは「九松」といって、

「苦待つ」に通じてしまうということからイヤがられているようです


したがって12月28日までに余裕をもって立てるのが安心ですね



「何事も、余裕をもって」
ということで、

今年の個人的な重点項目は、“段取り”とすることとします


前倒しを意識し、心の余裕とともに生活していきたいと思います


みなさまも、お試しください


今年も、よろしくお願いいたします
スポンサーサイト

テーマ:住まい - ジャンル:ライフ

16 : 49 : 09 | 営業担当 永田 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<神業メンテ 【営業マン 世良】 | ホーム | 番犬ならぬ?! 【アスタ展示場 吉崎】>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://cloverblog816.blog21.fc2.com/tb.php/1111-25f5659a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |