謹賀新年【営業マン 林】
2013 / 01 / 09 ( Wed )
クローバーブログを御覧の皆様、明けましておめでとうございます。


今年もよろしくお願いいたします。


挨拶が遅れました、新人の林です


今日のブログのお題は「結露」です



DSC_0397.jpg
私の実家は勝木台という団地にあるのですが


私の実家の朝は窓の結露の拭き掃除から始まります。



DSC_0390.jpg



これが私の実家の窓ですが、シャッターをしてペアガラスでもこの有様です・・・・


この奥様の天敵の結露は


冬になると住宅の中のいろいろなところで生じ、窓がぬれたり、カビやダニの増殖の原因になり、ひどい時には家を腐らせたりします


その結露の仕組みを皆様ご存知ですか


結露は温度差で生じるのです!!



「今日の湿度は○○%です。」
天気予報でよく聞くフレーズですが、本当の意味はあまり理解されていません。



この場合の湿度とはじつは「相対湿度」とよばれるものです。



空気は温度によって含むことができる水蒸気の量(飽和水蒸気量)が異なり、暖かい空気ほど多くの水蒸気を含むことができます。



「相対湿度」とはこの飽和水蒸気量に対して、実際に存在している水蒸気(絶対湿度)の割合のことをいいます。




暖かい水蒸気をいっぱい含んだ空気が冷やされ、「飽和水蒸気量」を超えると余分な水蒸気が水に変わります。


これが結露の発生する仕組みで、乾いたグラスに冷えたビールを注いだ瞬間に水滴が付着するのもおなじ現象です

一般的に温度が低いと結露しやすくなりますが、水蒸気の量が少なければ結露はおこりません。



逆に温度が高いと結露の心配は少なくなりますが、サウナのように限界量を超えた水蒸気があると、結露をおこしてしまいます。


このように結露は温度と水蒸気の量のバランスで発生するのです。


室内が暖かくて窓際は寒い・・・


こうして温度差が大きくなればなるほど結露がひどいお家になっていきます



ココまで来ればお分かりでしょうが冒頭のようにひどい結露が生じる我が家は冬は窓際はおろか、廊下に面する扉にさえ近寄れません・・・


ファンヒーターやエアコンの近くから離れられない家です



まだガラスの結露は拭けば取れますが、冷たい外に接している床や、あるいは壁は目に見えない結露が起きていて腐っていても不思議ではありません



要するに窓際や床が暖かく温度差のあまり無いお家というのは住み心地が良いのはもちろんのこと家の耐久性も良くなるのです


セキスイハイムの窓には熱の逃げにくいアルミ樹脂複合サッシというものを標準搭載し基礎にも断熱を施し基礎から暖かく
更には、快適エアリーで家中暖かく、部屋中どこに行っても温度差の無いお家を実現!



詳しくは展示場にてお気軽にお尋ねください




あったかハイムは窓際も寒くないし床も冷たくないのでこんなに寄っても全然大丈夫!


DSC_0395.jpg



セキスイハイムは光熱費も結露もゼロハイムなのです!!


是非その暖かさ、快適さをお近くの展示場で体感ください

営業マン 林
スポンサーサイト
23 : 07 : 27 | 営業担当 林 佑 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<心機一転 【営業マン 藤井】 | ホーム | 本年も宜しくお願い致します。【営業マン 小島】>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://cloverblog816.blog21.fc2.com/tb.php/1005-b9179bb1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |